素敵な名札

社員証の変化

白いキーボードと手

会社においては、自分の身分や名前を示すものとして社員証が用いられている。通常は、社員証を提示することで社内への入館ができるなどセキュリティカードとしても用いられるケースが増えてきている。 これらの社員証については、時代とともに変化がある。以前では、紙素材やプラスチック素材で名前や所属が記載され、写真が貼られているシンプルなものが通常であった。 しかし、最近ではそれに様々な機能が付随されるケースが増えている。例えば、入館時のセキュリティカードとしての機能を持ったものや、お金をチャージでき、社内の食堂などで支払いとして利用できるなどがある。 これらの機能については、今後も様々な応用がされると予想されており、社員証のみで様々な管理ができるように進化すると予想される。

社員証は、社員の身分を証明するものであり、その重要性は高い。そのため、扱いに関して注意しなければならないことがいくつかある。 まずは、紛失防止への注意である。最近の社員証では、カードをかざすだけで入館できるようにしているなど、会社の鍵として利用されているケースがある。そのため、社員証の紛失は社員でない部外者の入館を許してしまうことになりかねない。そのため、社員にそれらの機能を持つものを付与する場合には、紛失防止への注意が必要になる。 万一紛失した場合には、入館の鍵機能を停止できる措置も必要である。入館カードとしての機能を停止できるようにすることで、紛失時にはすぐに停止し不正な入館防止につなげることができる。