葬儀ならプロにお任せ【気軽に申し込みができちゃう】

葬祭扶助制度を利用

数珠

費用の負担をゼロに

大阪市東成区では生活保護を受けている方が亡くなったり、遺族が生活保護を受けていたりする場合があります。このようなとき葬儀費用を負担するのが難しければ、国の葬祭扶助制度を利用して、実質0円で葬儀を行うことができます。生活保護受給者が亡くなったときは、まず東成区役所に連絡して、葬祭扶助制度の利用を申請します。先に葬儀を行ってしまうと費用は支給されないので、必ず申請を先にしてください。たとえば借金をして無理に葬式を出しても、後で支給されることはないため注意が必要です。葬祭扶助制度を取り扱っている葬儀社に相談すれば、申請の手続きなどを教えてもらえます。葬祭扶助制度でできるのは原則として直葬だけで、支給されるのは20万円程度になります。申請が認められれば、葬儀の後で東成区から葬儀社に費用が支払われます。喪主が現金を受け取れるわけではないので注意してください。内容には火葬費のほか、棺桶や骨壺などの代金が含まれます。通夜や告別式を行うことはできず、家族やごく親しい人だけで見送ることになります。故人が別の場所に在住していた場合も、申請者の住所が東成区にあれば、東成区役所に申請するのが基本です。ただし故人の住所地で申請したほうが、支給額が多くなる場合もあります。詳しいことはケースワーカーなどに相談してみるのも良いでしょう。また小規模な葬式に強い葬儀社なら、生活保護受給者の葬儀についても豊富な知識を持っています。

Copyright© 2017 葬儀ならプロにお任せ【気軽に申し込みができちゃう】 All Rights Reserved.