葬儀ならプロにお任せ【気軽に申し込みができちゃう】

お別れの形はそれぞれに

葬儀会場

遺族の納得する形を選ぶ

我が国で最も人口の多い東京とあって、葬儀の数も非常に多くなっています。葬儀は古来から、故人の血縁や地縁のある人を集めて送り出すものでした。しかし、仕事の性質が変わり、また家族のあり方が変わった現在は葬儀の形も変化しています。特にここ東京は、地方から流入した人が多いことからその変化は顕著です。葬儀の形で古くから最も多いとされてきたのが、「一般葬」と呼ばれるものです。一般葬は、家族や親戚、仕事の同僚や友人等といった人間関係や社会関係での繋がりを重視した葬儀です。数十人以上の会葬者が参列し、故人を送り出します。血縁や地縁が多い場合は、これが一般的でかつ合理的な葬儀でした。しかし、東京のように核家族が多く地縁があまりない場合は必ずしも一般的とはいえず、また合理的とも言いづらいのです。そこで、現在の東京では、「家族葬」と呼ばれる葬儀が増え、むしろこれが一番選ばれていると言われています。家族葬とは、遺族のみ、もしくはごく親しい知人だけを加えた小規模な葬儀です。先にあげたように、東京は核家族が多く横の繋がりが少ない人が多いのです。また、高齢化社会とあって、場合によっては葬儀に呼びたくても人が集まらないことが少なくないと言われています。そんな状況から、身内だけで送り出す家族葬を選ぶ人が増えているのです。また、家族葬は身内だけで行うため、準備や参列者への挨拶等の負担が少なくなり、その分故人とゆっくりお別れができるというメリットがあると指摘されています。

Copyright© 2017 葬儀ならプロにお任せ【気軽に申し込みができちゃう】 All Rights Reserved.