葬儀ならプロにお任せ【気軽に申し込みができちゃう】

多様化する式のあり方

ウーマン

価値観を反映したお別れ

大都市部と同じように埼玉でも人口密集エリアを中心に葬儀のあり方が変わりつつあります。家族や親しい人のみで式を執り行うことが多く、故人や遺族の価値観を反映した宗教色の少ない葬儀が増えています。埼玉でもさいたま市などの人口密集エリア以外は伝統的な葬儀が残っていますが、こちらも以前のように費用のかかる盛大な葬儀ではなく落ち着いた感じの親しい人が集まるお別れの場となりつつあります。スタンダードな葬儀も埼玉ではまだまだ主流です。遺族も参列者も伝統的な形式に慣れているので、今後も主流であり続けるのは確かです。しかし伝統的なスタイルも徐々にシンプルで宗教色の薄いものになりつつあります。近年多くなっているのが家族葬です。埼玉でも家族葬で最後のお別れをする方が増えています。基本的に身内だけで行うものですが、極々親しい人たちも参列します。一般会葬者は参列せず費用も抑えてお別れをすることができます。通夜や告別式を行わない直葬も徐々に増えています。火葬場で読経を行うことはありますが、基本的に火葬のみを行うやり方です。費用を抑えて遺族の負担を少なくすることができます。新しい価値観をお持ちの方々に人気なのが自然葬です。遺骨をお墓に埋葬せず、自然の中に散骨するスタイルのものです。自然葬はお別れ会を行ってから散骨する方と葬儀を行わずに散骨のみの方がいます。その他にも音楽葬などの個人の趣味を反映した葬儀も人気です。埼玉の葬儀場でも新しいスタイルの葬儀を行えるところが増えています。

Copyright© 2017 葬儀ならプロにお任せ【気軽に申し込みができちゃう】 All Rights Reserved.